糖鎖の世界へようこそ!

皆さんは”糖鎖”というキーワードを耳にしたことはありますか?

近年、DNA(核酸)、タンパク質に次ぐ”第三の鎖上生命分子”として
注目されてきているのがこの”糖鎖分子”です。

ヒトの体は、およそ60兆個の細胞からできています。
その莫大な数の細胞の表面は糖鎖分子によって覆われているのです。

しかし、糖鎖分子はDNAやタンパク質よりも複雑かつ莫大な種類があるため、研究が困難であり、他の生体物質と比べて分からないことがまだ多くあります。ポストゲノムが謳われている現在、糖鎖の解明は重要な課題の一つなのです。

DNAやタンパク質は全ての生物種に共通する部分が多い一方、糖鎖は、生物種による差異があるだけでなく、同一種においても器官、組織、細胞種等によって異なります。
また、血液型の違いを決定したり、細胞間の認識や相互作用に関わる働きをもったりと、役割は多岐にわたります。さらに、インフルエンザウイルスの感染など様々な病気との関わりも知られ、病気の予防・治療の研究にも糖鎖は必要不可欠な存在なのです。

この教材を使って少しでも糖鎖の理解を深める助けになることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です