1 糖鎖構造情報の表し方

世界では糖鎖構造の情報を記述する際に様々なルールで書かれ、完全に統一されていないのが現状です。それぞれの記述の仕方にメリット、デメリットがありますが、RINGSではその中でもKCFという形式を採用しています。例えば図のような糖鎖構造の情報を記述する場合KCF形式では図のようになります。

 

名称未設定

 

他にもGlycoCT形式、Glyde-Ⅱ形式などが存在しますが、RINGSのユーティリティーで形式を変換することができます。

 

 

スクリーンショット 2015-11-18 16.03.43

 

また、糖鎖にはGナンバーという番号がそれぞれつけられています。RINGSのホームでGナンバーを入力すると様々な形式で結果をみることができます。例えばG02183というナンバーを入力してみましょう。

 

スクリーンショット 2015-11-18 16.16.05

“GO”をクリックすると、

スクリーンショット 2015-11-25 15.46.45

スクリーンショット 2015-11-25 15.47.36

スクリーンショット 2015-11-25 15.47.48

スクリーンショット 2015-11-25 15.48.30

スクリーンショット 2015-11-25 15.52.27