用語解説

 

エキソサイトーシス
細胞が物質を細胞外に分泌する方法の一つ。
この方法ではタンパク質やホルモンが分泌される。
細胞内で小胞に包まれた物質が細胞膜と融合して、そこから細胞外に分泌される。

 

エンドサイトーシス
細胞が物質を細胞外に取り込む方法の一つ。
エキソサイトーシスとは反対の現象であるが、取り込む物質は様々である。

細胞膜の一部が取り込む物質を包み込み、小胞を形成し細胞内に取り込む。

オリゴ糖鎖
数個(2~10個であり厳密に定義されていない)の糖がグリコシド結合した糖鎖。

キシログルカン
β-1,4結合で連なったセルロース主鎖に、グルコースとキシロースが側鎖としてβ-1,6結合をしたヘミセルロース多糖の一種。

宿主細胞
ウイルスが宿主(寄生すること)の対象にする細胞。

小胞輸送
小胞体やゴルジ体などの細胞小器官の間で物質輸送が行われる過程の総称。
エキソサイトーシス
エンドサイトーシスに分けられる。

前駆体
ある化学物質について、その物質が生成する前の段階の物質。
(例)ナイアシンの前駆体はトリプトファン

チオール基
ヒドロキシ期(-OH)の酸素が硫黄に置換された官能基。(-SH)

糖転移酵素
単糖や糖鎖に作用して、単糖どうしをつないだり、糖鎖をタンパク質や脂質につなぐ酵素の総称。

ファミリー
構造上も機能上も相互によく似た遺伝子の一群。
(例) 免疫グロブリンファミリー、G タンパク質ファミリー etc…

不斉炭素
1分子中の炭素原子に4個の互いに異なる原子または原子団が結合しているとき,この炭素原子を不斉炭素原子という。

プラスミノーゲン
プラスミン(タンパク質分解酵素)の前駆体であり、血漿に含まれている。

分子クローニング
定義された DNA 塩基配列を分離し、その複数のコピーを生体内で得ること。DNA を増幅するために頻繁に使用される。

ヘミセルロース
植物細胞壁に含まれる、水に対して不溶性の多糖類の総称(セルロースを除く)。

ペリプラズム
グラム陰性菌の細胞膜と細胞外膜の間の空間。

ポリラクトサミン
Galβ1-4GlcNAc 構造(ラクトサミン構造)を2つ以上持っている糖鎖。

ムチン
糖とタンパク質からなる粘液成分。

リソソーム
細胞小器官の一つで不規則な小さな袋状の構造で、食物から栄養分を取り出す。
また、不要な分子を分解して排出するなど細胞内の消化の場として働く。

リピド A
リポ多糖の活性成分。

α ヘリックス
タンパク質の二次構造の共通モチーフの 1 つで、バネに似た右巻きらせんの形をしている。

Da(ダルトン)
タンパク質やポリヌクレオチドなどの生体内高分子の質量を表されるのに用いられる単位。
数値的には分子量と等しい。

N 型糖鎖
糖タンパク質の糖鎖のうち、タンパク質のアスパラギン残基に結合している糖鎖のこと。
これに対し、タンパク質のセリンまたはスレオニン残基に結合している糖鎖を O 型糖鎖と言う。
また、N 型糖鎖が結合しているアスパラギン残基の 2 つ隣のアミノ酸は必ずセリンかスレオニンであり、N– アセチルグルコサミン 2 個とマンノース 3 個の基本構造からなる。

RNA スプライシング
ある直鎖状ポリマーから一部分を取り除き、残りの部分を結合すること。
単に RNA スプライシングというときには、pre-mRNA スプライシングを指している
ことが多い。
典型的な真核生物において、DNA から転写された mRNA 前駆体には、
イントロンと呼ばれる直接タンパク質のアミノ酸配列を決定していない
部分が存在する。
pre-mRNA スプライシングは、このイントロンを除き、残りの部分を結合して完全なタンパク質配列を示す mRNA を作ることをいう。

VNTR
variable number of tandem repeat の略。タンデム反復数のこと。